住宅ローンとは

持ち家率の全国平均は2013年度のデータで61.1%ということです。
これは全国でも持ち家率が一位の秋田県の78.4%と最下位の東京都の44.6%ではかなりの開きがあります。


一般的に都市部では持ち家率が低い結果となりますので、このあたりは都道府県別の持ち家率を参照してみたらかなり、興味深い結果となっています。
常に持ち家がいいのか賃貸のほうが得なのか議論の的となっていますが、多くの人の願いは自分の家を持ちたいということではないでしょうか。


それでも家を建てることをあきらめなくてはいけない人もいますから、自分の家を持つことができるということはとても幸せなことだといえます。
それでも家を建てるには、当然のことながら莫大なお金が必要となります。


東京都の持ち家率が低いのは都会は土地が高く家を建てるにしても莫大な土地費用がかかるからなのです。
いずれにして地方でも都会でも家を建てるとなると一括でお金を払える人はいないでしょうから住宅ローンを組むことになります。
これは銀行から住宅費用を借りることによって月々少しずつ立て替えてもらった代金を返済していくことなのです。


借金ですから、金利も支払わなくてはいけません。
金額によっては何年も金利だけを支払う状況にもなりえます。


住宅ローンを組む際はこの金利がとても重要な位置を占めるのです。
また返済中でも常に金利について考えていたほうがいいでしょう。
ここでは損をしない住宅ローンについて考察していきます。

Copyright © 2014 住宅ローンで損をしないために All Rights Reserved.